公正証書遺言の作成方法は?


・公正証書遺言は、公証役場で作成する


公正証書遺言は、公証役場に行って作成します。


・必要書類を持参して打合せ


・遺言内容を詰めるための打合せ


・署名押印のため


と、公証役場に複数回、行く必要があります。


もっとも、弁護士・行政書士に作成を依頼した場合は、最後の署名押印のときだけです。


また、署名押印の日には、立ち合いの証人2名が必要となります。


原則は自分で探すのですが、公証役場で紹介してもらえます。


こちらも、弁護士・行政書士に作成を依頼した場合は、証人も用意してもらえるでしょう。


・公正証書遺言の事前準備


誰に何を相続させたいのかというメモを用意しましょう。


他に、財産・負債・特別受益・寄与分などの一覧表もあるとよいでしょう。


公正証書遺言作成のために必要な書類(戸籍謄本・不動産登記簿等)も準備しましょう。


・公正役場へ予約


つぎに、公証役場へ連絡して、打ち合わせの予約をしましょう。


注意が必要なのは、公証役場によって、必要な書類は違うことがある点です。


予約をする際に、必要書類の確認もしましょう。


また、必要書類を事前にFAXするように指示されことが多いです。


・公正人に説明をする


当日は、書類を提出します。


そして、公証人に、どのような相続・遺言を希望しているのかを説明しましょう。


・公正役場へ持参する書類


公証役場へ次の書類を持参します。


①実印・印鑑証明書


②遺言者と相続人の戸籍謄本(遺言者との続柄が記載されているもの)


③相続人以外の人に遺贈させたい場合は、その人の住民票


④財産の中に不動産がある場合は「不動産登記簿」「固定資産税評価証明書」


⑤証人予定者の氏名・住所・生年月日・職業の情報


・公正役場へ行くまでの流れ(まとめ)


①遺言書の叩きを作成


※財産・負債・特別受益・寄与分の一覧表と遺言書の下書き・メモ書き


②戸籍謄本・登記簿謄本等の準備


※相続人や相続財産を特定させるため


③公証役場へ予約する


※公証役場へ連絡する(持参する書類も確認する)


④公証人と打ち合わせ


※誰に何を相続させたいのかを説明する



・公正証書遺言の費用


公正証書遺言を作成するためには、次の①~③の費用がかかります。


①公正証書作成手数料


②証人(2人)の日当


③公証人の出張費用、交通費(公証役場以外で作成する場合)



①公正証書遺言の作成手数料


財産の合計額 手数料


100万円まで 5,000円


200万円まで 7,000円


500万円まで 11,000円


1,000万円まで 17,000円


3,000万円まで 23,000円


5,000万円まで 27,000円


1億円まで 43,000円


※財産の総額が1億円未満の場合は、別途11,000円が加算されます。


※手数料は財産を譲り受ける人ごとに計算し合計します。



・公正証書遺言の作成手数料計算例


次の内容の公正証書遺言書を作成した場合、の手数料は、以下となります。


遺言内容:妻に2,000万円、長男に800万円相続させる。


妻23,000円+長男17,000円+加算分11,000=51,000円


②証人の日当


証人の日当が必要となります。


1人につき、5,000~15,000円程度です。


自分で証人を用意すれば不要です。


ただし、証人には遺言書の内容は知られてしまうというデメリットがあります。


もし、証人になってくれる人が見つからない・遺言書の内容を他人に知られたくないという場合は、専門家(弁護士や行政書士)に依頼するのがよいでしょう。


③公証人の出張費用、交通費(公証役場以外で作成する場合)


公証人に、病院や施設等まで、来ていただいて、「公正証書遺言」を作成する場合の公証人へ支払う費用です。


・公正証書作成の手数料:通常の1.5倍


・公証人の日当:20,000円(1日につき)

 ※4時間以内の場合は、10,000円


・交通費


埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000