自筆証書遺言の訂正方法と自筆証書遺言の保管方法

・自筆証書遺言の訂正方法 


訂正方法も厳格に規定されています。


訂正したい箇所を二重線で上書き抹消し、その上に訂正印を押印します。


さらに、余白部分に、訂正内容を自書し、署名するというかなり面倒な方法となっています。


追加したい場合も、同様の方法となります。


書き始める前に、下書きをし、内容を確認のうえ、訂正がないように慎重に書きましょう。


民法が定める要件を満たさない場合は、遺言が無効となることもありますので、作成した遺言書を弁護士や行政書士に確認してもらうのが良いでしょう。


・自筆証書遺言の保管方法


自筆証書遺言のネックとなるポイントが、この保管方法となります。


と言いますので、遺言が発見されなければ、意味はありません。


当たり前のようですが、自筆証書遺言を作成したことを誰にも話していない場合、遺族の方に発見されることは困難になります。


紛失・破棄・偽造を防止するため、誰にも見つからない場所に保管しておくと、遺言を作成した意味がなくなります。


作成後は、「銀行の貸金庫」や「弁護士・行政書士などの専門家」に預けることが安心につながります。

埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000