秘密証書遺言書を作成する場合のメリット・デメリット

・秘密証書遺言書を作成する場合のメリット


秘密証書遺言は、遺言者が、署名押印した書面を封印します。


その封書を自己の遺言書である旨を公証人と証人2名に申述する必要があります。


秘密証書遺言書のメリットは、遺言書の存在だけは知っていて欲しいけど、遺言書の内容は知られたくない!ということが可能なことです。


また、作成の方式も、本文をワープロで作成することも認められているなど、自筆証書遺言に比べて緩やかになっています。


ほかにも、秘密証書遺言書の開封は、家庭裁判所の検認の場で行われるので、偽造・変更される可能性が低い点もあげられます。


・秘密証書遺言書を作成する場合のデメリット


秘密証書遺言書のデメリットは、自分で保管しなければならない点です。


また、自筆証書遺言と同様に家庭裁判所による「検認」の手続きも必要となります。


秘密証書遺言は、メリット・デメリットの点からも、自筆証書遺言や公正証書遺言と比べて中途半端な感じは否めません。


そのせいか、自筆証書遺言や公正証書遺言に比べて、利用するケースが少ないのが現状です。

埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000