公正証書遺言を作成する場合のメリット・デメリットは?



・公正証書遺言のメリットは?


公正証書遺言は、公証役場にて、証人2人の立会いのもと、公証人が関与して作成します。


公正証書遺言のメリットは、公証役場が、遺言書の原本を保管するので、遺言書の紛失や偽造・破棄をされる心配がない点にあります。


また、公証人が、本人が述べた遺言の内容を書面化するため、形式上の不備等により遺言書が無効となる心配もありません。


さらに、裁判所による「検認」手続きも不要です。


ほかにも、遺言を作成したい方が、病院等に入院している場合などは、公証人が出向いてくれることもできます。


・公正証書遺言のデメリット


公正証書遺言のデメリットは、やはり、費用がかかることです。


公正証書遺言を作成しれくれる公証役場に報酬を払う必要があります。


さらに、戸籍謄本・印鑑証明・不動産評価証明書等の書類を用意する必要があり、その取得費用と手間がかかります。


ほかにも、公正証書遺言の作成時に、証人2名が必要となり、その方への報酬も必要となります。


また、弁護士や行政書士といった専門家に公正証書遺言の作成をサポートしてもらうと、その報酬も発生することになります。

埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000