遺言書の種類・形式 自筆証書遺言の特徴・メリット・デメリットは?


・遺言書の種類は?


民法には、普通方式の遺言書として次の三種類の形式が規定されています。


①自筆証書遺言・・自分自身で、作成する遺言です。


②公正証書遺言・・公証役場を介して作成する遺言です。


③秘密証書遺言・・基本的には、自筆証書遺言のように自分で作成します。

         遺言書の存在だけを公証役場にて証明してもらいます。


他にも、特別な方式の遺言として「危急時遺言」「隔絶地遺言」も規定されています。


上記3種類の中で、オーソドックスな遺言書としては、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」が挙げられます。


秘密証書遺言とは、上記のとおり自分で作成した遺言書の存在のみを公証役場で証明してもらう制度です。


公証役場は、遺言内容が法律的に有効か?無効か?というところまでは判断してくれません。


そのためか、あまり利用されていないのが現状です。



・自筆証書遺言の特徴・自筆証書遺言のメリットは?


自筆証書遺言のメリットは、簡単に自分で作成することが出来る点です。


手数料も不要なこともあり、とても容易に作成できます。


もちろん、修正や再作成も容易にできます。



・自筆証書遺言の特徴・自筆証書遺言のデメリットは?


自筆証書遺言のデメリットは、遺言書が法的に有効となるためのハードルが高いことです。


自筆証書遺言は、遺言者が全文・日付・氏名を自署し、押印する必要があります。


また、ちょっとした内容・様式・方式の不備で、遺言書が無効となることもあります。


さらに、相続開始後には、相続人が「検認」という手続きを家庭裁判所に申し立てる必要があります。


「検認」とは、遺言書の偽造・変造を防止するため、裁判官が、遺言書の方式面や状態などを確認する証拠保全手続きです。


埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000