遺言を作成する際の注意すべきポイント 寄与分


「寄与分とは?」


特別受益は、生前に、特定の相続人が贈与を受けた場合に、相続分を修正する制度です。


一方は、寄与分は、特定の相続人が被相続人の財産の増加・維持することに貢献した場合、その貢献(増加・維持)した部分を、相続財産から除外して、貢献(増加・維持)をした特定の相続人の相続分を増やす制度です。


「財産の維持とは?」


たとえば、生前に、親が、長期間にわたり、介護を受けていたケースですと、もし、ヘルパーさんを雇った場合、費用が必要となりますね。


もし、ヘルパーさんを雇わず、子供が介護をした場合、その費用が発生しなくて済みます。


結果的に、親の財産が減らずに済むことになります。


このようなケースが「財産の維持」と認められます。


他にも、被相続人へ事業資金を贈与したり、無償(に近い金額)で、被相続人の事業で労働した場合なども、「財産の維持」と認められます。



「寄与分と認められないケースは?」


被相続人の事業への手伝いであっても、相当程度の賃金をもらった場合には、原則「寄与分」と認められません。


また、「寄与分」の制度が該当するのは法定相続人だけです。


したがって、次のケースでは認められません。


・同居の義理父親を介護した息子の奥さん


・義理父親の事業を無償で手伝った息子の奥さん


「遺言で寄与分を配慮すれば、争いにはならない」


遺産分割協議の場で、相続人が「寄与分」を主張すると、遺産分割協議が長期化・争いに発展する可能性はあります。


やはり、「遺言」で、「寄与分」を配慮すれば、争いを防ぐことができるでしょう。


また、その理由について遺言に書いておく方が、さらに、相続人を納得させられるでしょう。


「寄与分の計算例」


遺産総額3000万円


相続人:妻・長男・次男


長男は、無償で、実家の青果店を手伝ってくれていた。


長男の寄与分(貢献分)を1000万円とする。


相続財産:5000万円


みなし相続財産:5000万-1000万=4000万


妻の相続分(1/2):4000万×1/2=2000万


長男の相続分(1/4):4000万×1/4+1000万(寄与分)=2000万


次男の相続分(1/4):4000万×1/4=1000万


※寄与分なしの場合


妻の相続分(1/2):5000万×1/2=2500万


長男の相続分(1/4):5000万×1/4=1250万


次男の相続分(1/4):5000万×1/4=1250万


埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000