遺言書に書くことによって、出来る7つのこと


「遺言書の効果」


亡くなった方(被相続人)が、「遺言書」を残していた場合、原則的に、遺言の内容に従って相続手続が行われることになります。


遺言書に書くことにより、相続人以外の人に財産を残すこと(遺贈)や、法定相続分と違う割合で相続をさせることができます。


また、遺言執行者という、遺言書の内容を実現する人を指定することができます。


「遺言書に書くことによって、出来る7つのこと」


次の7つのようなことが出来ます。


①認知


②相続人の排除・排除の取消


③祭祀財産の承継者の指定


④相続分の指定・指定の委託


⑤遺産分割方法の指定・指定の委託


⑥遺贈


⑦遺言執行者の指定・指定の委託

埼玉の相続相談・終活相談なら行政書士Mocha法務事務

埼玉の相続相談・終活相談を専門・得意としている行政書士事務所です。 埼玉県富士見市にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000