40代から始めるセカンドライフ・終活ブログ

行政書士・ファイナンシャルプランナーが老後ライフプランに関する法律とマネーのお役立ち情報を発信しています。

坂上忍さんが終活終了宣言?! ペット(愛犬たち)の今後は?!

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20181010153400j:plain

 

「51歳にして終活が終了?!」

 

 

タレントの坂上忍さんが先日放送の『バイキング』で終活の終了を報告しました。

 

51歳にして、終活が終了とのことです?!

 

半年以上の時間をかけて、専門家(弁護士・税理士)と相談しながら遺言書を作成したようです。

 

「気になる内容は?!」

 

内容(概要)は、次のとおりです。

 

・母親の介護資金

 

・マネージャーへの退職金の支払い

 

・子役育成の事務所の取締役の退任

 

・現金以外の資産の移譲

 

・ペット(愛犬)の譲渡先・今後

 

 

「やはり、ペット(愛犬)の今後が気になる?!」

 

これだけ、TV等で活躍されておりますので、坂上忍さんの資産は、さぞかし多額でしょう。

 

個人的に、気になるのは、

 

やはり

 

・ペット(愛犬)の譲渡先・今後

 

です。

 

坂上忍さんといえば「愛犬家」としても有名ですね。

 

『エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞』も受賞しています。

 

番組の企画で、家まで購入しています。

 

 「ペット(愛犬)に関する報道も?!」

 

 先日の報道でも、

 

「4年間同居する元女優の恋人が愛犬を逃がしてしまい、責任を感じた恋人が激やせし、一時、2人の関係も不仲になった」

 

とかなんとか。

 

また、今回の終活で

 

「坂上忍さんは、飼っている愛犬12匹の処遇については、この恋人に金銭面を含めて託した。」

 

という情報も出ています。

 

 

 「ペット(愛犬)を託する法的な手段は?!」

 

事実でしたら、坂上さんは、同居している恋人との間で、何かしらの愛犬を託する合意を交わしたのではないでしょうか?

 

①負担付死因贈与契約

 

②負担付贈与

 

③ペットへの信託

 

といったところないでしょうか?

 

 「ペット(愛犬)を託する場合の費用は?!」

 

当然に発生するのが飼育費です。

 

月の餌代2万円とします。

 

犬の場合、約15年を平均寿命と考え、現在8歳だった場合、

 

月の餌代2万円×84カ月=168万円。

 

施設利用料が発生する場合もあります。

 

坂上忍さんの場合は、12匹もいますし、小型犬ばかりではないようですので、餌代も、さらにかかるかもしれませんね。

 

 「母や兄弟の相続分は?!」

 

もし、この愛犬への費用が多額になり、坂上忍さんの財産の一定の割合を超えた場合、お母さんやお兄さんの相続分はどうなるのでしょうか?

 

法的には、母親には、遺留分(相続財産の1/3)が認められていますので、1/3を超える場合には、「遺留分減殺請求」を主張し、財産を渡すように主張できます。

 

ただし、兄弟には、遺留分がありませんので、お兄さんは何も主張できません。

 

坂上忍さんの場合は、弁護士と相談しながら遺言書を作成したと報道されているので、お母さんやお兄さんの遺留分や相続分を考慮したのではないでしょうか?

 

 「まとめ」

 

・終活の開始時期は早まっている傾向になるかも?!

 

・残された者のためにも、遺言書の作成は必須?!

 

・遺言書を作成するときは、専門家に相談すべき

 

・ペットの今後・将来についての法的な手段がある

 

 

www.mocha-fp-gyoseishoshi.com

 

 

www.mocha-fp-gyoseishoshi.com

 

 

www.mocha-fp-gyoseishoshi.com