40代から始めるセカンドライフ・終活ブログ

行政書士・ファイナンシャルプランナーが老後ライフプランに関する法律とマネーのお役立ち情報を発信しています。

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20180301165137j:plain

「ペットが特殊な動物の場合は、何か手続き必要なのでは?!(特定動物)」

 

 

最近は、犬や猫だけではなく、実に、さまざまな動物がペットとして飼われていますね。

 

特殊な動物のなかでも、トラ・タカ・ヘビのように人の生命・身体に危害を加えるおそれがある動物を「特定動物」として指定され、許可なく飼育はできません。

 

「特定動物」に指定されているのは、トラ・タカ・ワニ・マムシなど約650種類が指定されています。

 

「特定動物の許可は、必ず必要?!」

 

原則として、特定動物は、種類ごとに、飼育・保管のための許可が必要となります。

 

この許可には申請の手数料も発生します。

 

許可の有効期間は、自治体ごとに定めています。(5年を超えない範囲で)

 

「特定動物の許可とは?」

 

特定動物を飼育・保管する場合の飼育施設の構造や保管方法等について、「動物愛護管理法」にて基準を規定しています。

 

さらに、地域の実情にあわせて、自治体によって、自治体独自の規則・基準を条例にて制定しているケースもあります。

 

「特定動物の許可基準とは?」

 

特定動物の許可基準の例は、次のようなものがあります。

 

①飼育施設の構造・規模に関する基準

 

・定めた基準をクリアした「おり型施設」などで飼育・保管すること

 

・逸走を防止できるような構造・強度を確保すること

 

②特定動物の飼育・保管の方法に関する基準

 

・施設の外では飼育しないこと

 

・特定動物を飼育している旨の標識を掲示すること

 

・定期的に施設の点検を実施すること

 

・マイクロチップ等を埋め込むことにより個体識別措置をとること

 

 

「特定動物へのマイクロチップの埋め込みは必要?!」

 

特定動物の許可申請を終えて、特定動物の所有者と登録した場合、そのことを明確にするため、マイクロチップ・脚環(鳥類)等による個体識別措置が義務づけられています。

 

マイクロチップとは、小さな電子標機器具(ICチップ)のことで、特定動物の皮膚の下に埋め込みます。

 

このマイクロチップが装着されていれば、特定動物が逃走した場合でも、発見されれば、身元確認が容易にできます。

 

「特定動物の飼育・保管に関して違反すると罰則も?!」

 

特定動物の許可を取得した後でも、飼育施設の構造や保管方法についての義務が守られていない場合は、特定動物の許可の取り消しをされる場合もあります。

 

また、次の違反行為には罰則(6か月以下の懲役または100万円以下の罰金)も定めてられています。

 

・特定動物の許可を取らず(無許可)に、特定動物を飼育・保管すること

 

・不正の手段で特定動物の許可を取ること

 

・無許可で次の変更をすること

 

 「特定動物の種類・数」

 

 「飼育施設の所在地」

 

 「飼育施設の構造・規模」

 

 「飼育・保管の方法」

 

 「飼育・保管が困難になった場合における措置に関する事項」

 

「特定動物の許可申請手続き」

 

特定動物の許可申請手続きは、以下になります。

 

・申請書

 

・添付書類等:飼育施設の構造・規模の大要と見取り図・申請者の身分証明書・印鑑

 

・申請先:各都道府県衛生局

 

・申請期限:飼育施設が完成して、特定動物を飼う前

 

・申請手数料

 

「まとめ」

 

・人に危害を加える可能性がある動物は「特定動物」として指定され、飼育には許可が必要

 

・違反者への罰則は厳しいので、ルールは厳守する