行政書士・FP Mocha(モカ) 経営法務事務所

行政書士・ファイナンシャルプランナーが法律とマネーのお悩みを解消するお役に立つ情報を発信します。

会社設立のメリットは?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20180301165343j:plain

 

「会社設立メリットは?」

 

 

起業を検討する際に、どのような形態にすべきか?と悩みませんか?

 

会社設立にすべきか?

 

個人事業主にすべきか?

 

会社設立のメリットが分からないと判断できません。

 

会社設立の代表的なメリットといえば、次の2つがあげられます。

 

①社会的信用を得られること

 

②金銭的に有利なこと

 

 

「会社設立のメリット① 社会的信用とは?」

 

以前は、株式会社設立の場合、資本金として1000万円が必要でした。

 

そのため、株式会社を設立すると、資金を用意できたこと自体が、信用を得られる要因となっていたのです。

 

現在は、会社法が改正され、1円会社(資本金1円)という株式会社も設立できるため、このような信用要因とはなりませんが、金融機関等からは、「会社」形態の方が、信用を得やすいです。

 

個人事業主とは取引しないという会社や、金融機関の融資では、個人事業主より会社形態の方が有利とされています。

 

 

 

「会社設立のメリット② 金銭的に有利とは?」

 

会社設立メリットの金銭的有利とは、「税金」がお得ということです。

 

個人事業主にかかる税金は「所得税」になります。

 

所得税は累進課税ですので、所得が増えるほど、税率が高くなり税金が高額になります。

 

会社の場合は「法人税」となります。

 

こちらは「法人税減税」が進んでいますし、各種経費が利用できますので、税額を低くすることも可能です。

 

一般的な目安として、年間500万以上の所得があり、今後も、増えていく見込みなら、法人化を検討するのも良いかもしれません。

 

「株式会社設立のメリットのまとめ」

 

①社会的信用を得られやすい

 

②税金上のメリットあり

 

③経費の対象・範囲が広い

 

④責任は有限責任(出資した財産のみ)

 

 

「株式会社設立の費用は?」

 

①定款に貼る収入印紙代:4万円

 

②定款認証で公証人に支払う手数料:5万円

 

③定款の謄本手数料:2000円程度(定款の枚数により若干増減)

 

④設立登記の登録免許税:15万円

 

※司法書士や行政書士に手続きを依頼する場合は、その手数料が必要です。

 

25万円程度ということになります。

 

さらに、資本金の振り込みが必要です。

 

法律的には「1円」でも設立可能ですが、あまり少額ですと、金融機関・取引先からの信用を得るのが難しいケースもあります。

 

 

「まとめ」

 

・株式会社設立のメリットは、いろいろある

 

・所得が増えてきたら株式会社設立も検討