行政書士・FP Mocha(モカ) 経営法務事務所

行政書士・ファイナンシャルプランナーが法律とマネーのお悩みを解消するお役に立つ情報を発信します。

外貨預金は、手数料がバカ高・デメリット満載のぼったくり商品! FXスワップ金利との比較

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170321172140j:plain

「外貨預金VS FXスワップポイント(金利)」

 

 

外貨で資産運用を検討する場合、最初に思い浮かべるのは「外貨預金」ではないでしょう?

 

なにせ、「預金」ですし、「銀行」様の商品ですからね!

 

実は、この外貨預金と、そっくりな金融商品が「FX」のスワップポイント(金利)取引があります。


外貨預金:特定の外貨で「預金」をして、金利を得る。

 

FXスワップポイント(金利):特定の通貨ペアを取引する。長期間に持ち続けてスワップポイント(金利)を得る。

 


「外貨預金とFXスワップポイント(金利)の違いは?」


・販売会社

 

外貨預金:銀行様

 

FX:FX会社

 

イメージの差はありますね~

 

銀行様の商品なら、間違いない!

 

FXって怪しい・・・

 

ですよね?!


銀行を嫌っているランキングで、池井戸潤氏に次ぐ「日本2位」のぼくとしては、「は?」なんですが・・

 

個々の銀行員の方は優秀でリスペクトできる方が多いです。

 

親友も銀行員ですし。

 

組織としては、「スーパーブラック組織・業界」だと思っています。。


「銀行・FX会社が倒産したらどうなる?」

 

外貨預金:保証なし

 

FX:原則、完全保証


え!!!

 

セーフティーネットがあるじゃん!!

 

1000万までなら保護されるんでしょ?

 

NO!!

 

外貨預金には適用されません。

 

FX会社は「信託保全」という形式を取り、お客様からのお金は「別腹」で保管しています。


「手数料の違いは?」

 

外貨預金:極めて高い!!!

 

FX:極めて安い!

 

外貨預金の場合、円⇔外貨の両替の時の手数料です。

 

FXの場合は、「買」→「売」のトレードをした際のスプレッド(手数料)です。

 

高金利で人気の「オーストラリアドル」で説明しますと、

 

外貨預金:4円程度!!!

 

                 ネットバンキングなら1円!

 

FX:1銭程度。

 

1円ではないですよ~

 

1銭です!

 

その差は、なんと、驚きの100~400倍!!!

 

この時点で、銀行屋の悪徳商法ぶりが、わかりますよね?!


「金利の差は?!」

 

外貨預金:銀行が設定した金利

 

FX:外国と日本の金利差(といってもFX会社が設定)

 

今日現在で、調べてみました。

 

ザ・メガバンク様の三菱UFJ銀行だと、オーストラリア外貨預金の金利は0.3%です。

 

ネットバンクで0.6%。

 

FX会社の高スワップの代表格の「ヒロセ通商」ですと、「1日50円」となっています。

 

50円×365日=18,250円

 

朝のレートが1ドル83.42円なので、年利2.18%。

 

またしても、外貨預金の優位性が見えない・・

 

「三菱UFJ銀行のシミュレーションで試算してみましょう!」

 

 

銀行に有利に「ネットバンキング」で試算します。


オーストラリアドル:1万ドル(レート85.86円)

 

日本円元本:85.86×1万ドル=858,600円

 

預金期間:1年

 

さっそく、データを入力して、ポチっとな!

 

こんなん出ました!

 

f:id:turutaka2015:20170330222301p:plain

f:id:turutaka2015:20170330222308p:plain

 

税金(20%)を引いて、手元に残るのは、「10,048.48ドル」です!!

 

48.48ドルの利益!!

 

4,162円の利益です!

 

税引後で0.48%!!

 

金利の0.6%から税金20%を控除した額!

 

ちと待てよ~!!

f:id:turutaka2015:20170330222308p:plain

その下の青字を見て!

 

「為替差損益シミュレーション?!」

 

さりげなく、書いています。

 

しかも、数字が大量にあってよくわからない・・・

 

ココに注目!!

 

「満期日TTB」!!

 

上のシミュレーション画面に戻って下だし!

 

「本日のTTS」となっています。

 

微妙に違う!!


「TTB?!TTSとは?!」

 

TTS=85.86円

 

TTB=84.86円

 

つまり、こういうことです。

 

外貨預金を始めるときは、オーストラリアドルは1ドル=85.86円で計算する。

 

外貨預金終了ときは、オーストラリアドルは1ドル=84.86円で計算する。

 

この85.86円―84.86円=1円が、銀行の手数料になります。

 

1円×1万ドルで1万円です!

 

では、外貨預金満了時の「10,048.48ドル」に84.86円かけて再計算してみると・・

 

852.714円

 

おや?

 

元本はいくらでしたっけ?

 

858,600円!

 

なんと、-5,886円となりました!

 

元本割れの赤字です!!!

 

そりゃ、そーだ!

 

銀行が1万円も抜いているんですから!

 

利息が0.4万しかつかないのに、手数料が1万です!!!

 

歌舞伎町のキャッチバー並みの悪質さです!

 

ちなみに、窓口だと、手数料4円なので、論外です。


「これがボッタクリのカラクリ!!」

 

しかも、これは、為替変動が「ない」(1年後も同じレートだったらという想定です)という条件で計算しています。

 

現実の為替相場は、常に動きます。

 

とくに、オーストラリアドルは、よく動く通貨と言われています。

 

1年後のレートが、

 

3円円安(87.86円)になったら:10,048.48ドル×87.86円=881,505円(+22,905円)

 

3円円高(81.86円)になったら:10,048.48ドル×81.86円=822,568円(-36,031円)

 

となります。


「これってFXじゃない?」


外貨預金を開始したら、毎日、円安豪ドル高になるよう祈るしかない!

 

何せ、税金と銀行にピンハネされているので、利息だけでは、赤字なのです・・

 

あとは、為替が円安になるしか・・・

 

これって・・・

 

ただのFXじゃん!!!

 

外貨預金はFXトレードそのものだった!!